@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肋木【ロクボク】

デジタル大辞泉

ろく‐ぼく【×肋木】
柱の間に多数の丸い横を通した体操の固定用具。懸垂足掛けなどをする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

肋木
ろくぼく

スウェーデン体操の代表的器具の一つで梯子(はしご)状の体操器具。高さ約2.5~2.8メートルの支柱の間に十数本の丸い横木を、およそ12センチメートル間隔に平行に固定したものである。主として伸展運動に使用されたが、最近では懸垂運動、柔軟運動、補強運動など補助運動の器械としても利用される。ヨーロッパでは体育館の常備器械として広く利用されている。日本でも学校体育館の壁面に取り付けられ、体育の授業やクラブ活動の補助運動に活用される。

[上迫忠夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろく‐ぼく【肋木】
〘名〙 体操用具の一つ。数本の縦木に多くの横木を肋骨状に取り付け固定したもの。横木につかまって懸垂・手掛・足掛などの運動をする。
※風俗画報‐三三八号(1906)遊芸門「中学校、師範学校等に於ける施設〈略〉(一)棍棒(二)平均台〈略〉(八)跳下台(九)肋木」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肋木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肋木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation