@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肝付町【きもつき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

肝付〔町〕
きもつき
鹿児島県南東部,大隅半島東部の内之浦湾に面する町。北端の町境を肝属川が流れ,志布志湾に注ぐ。中央部には肝属山地の山々が連なり,北西部にはシラス台地の笠野原台地や肝属平野が広がる。 2005年内之浦町と高山町が合体。古くは肝付氏の統治下にあったが,江戸時代は島津氏の領地となり,集落が置かれた。肝属川河口港の波見 (はみ) は和寇の根拠地,のち商港として栄えた。平野部では早場米,台地部ではサツマイモの栽培が主。ほかにポンカン栽培や和牛の飼育,養豚を行なう。内之浦湾ではブリ,アジ,サバなどの漁業が盛ん。 1963年東京大学の鹿児島宇宙空間観測所 (→内之浦宇宙空間観測所 ) のロケット発射場が長坪台地に開設されてから,観光地化も進んでいる。中世山城の典型といわれる高山城跡,塚崎古墳群は国の史跡。内之浦湾湾口の火崎はソテツ,ヘゴなどの自生地で,それぞれ国の特別天然記念物,天然記念物に指定されている。北部の塚崎のクス,南西端の稲尾岳は国の天然記念物。火崎から南部の海岸線のほとんどは大隅南部県立自然公園に属する。海岸沿いを国道 448号線が通る。面積 308.1km2。人口 1万5664(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肝付町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肝付町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation