@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肝属川【きもつきがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

肝属川
きもつきがわ
鹿児島県南東部,肝属平野を流れる川。上流鹿屋川といい,高隈山地の東斜面にを発し,笠野原の西端を南流し,肝属平野東方に流れを変え,志布志湾に注ぐ。大隅半島最大の川で,下流古くから氾濫を繰返し多くの水害をもたらした。 1938年の大洪水後,河川の大改修が行われ,現在では災害減少。下流は曲流し,多くの河跡湖が残っている。全長 34km。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きもつき‐がわ〔‐がは〕【肝属川】
鹿児島県、大隅半島中央部を流れる川。高隈(たかくま)山地御岳(おんたけ)(標高1182メートル)の東斜面に源を発し、シラス台地笠野原を迂回して志布志(しぶし)湾に注ぐ。長さ34キロ。上流部を鹿屋(かのや)川ともいう。支流串良(くしら)川に高隈ダムが建設され畑地灌漑(かんがい)が行われている。下流部には沖積平野の肝属平野が広がる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

肝属川
きもつきがわ

鹿児島県大隅半島(おおすみはんとう)中央部の笠野原(かさのはら)を迂回(うかい)し、志布志湾(しぶしわん)へ流れる半島部最大の川。一級河川。上流部は鹿屋川(かのやがわ)ともよばれ、高隈山地(たかくまさんち)の東斜面に源をもつ。流域面積485平方キロメートル、延長34キロメートル。支流串良川(くしらがわ)の上流には、笠野原の畑地灌漑(かんがい)用のため高隈ダムが建設され(1967)、大隅湖とよばれている。下流部には広い沖積低地(肝属平野)があり、以前には米の二期作地であった。

[塚田公彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肝属川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肝属川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation