@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肝臓の役割

からだと病気のしくみ図鑑

肝臓の役割

肝臓は代謝、解毒、胆汁生成という3つの重要なはたらきを担っています。


●代謝・解毒と胆汁生成のしくみ
肝臓には、生命維持に不可欠なはたらきがいくつもありますが、主なはたらきは「代謝」「解毒」「胆汁の生成」です。
代謝とは、食べ物から吸収された栄養素を体内で利用できる形につくり変えたり、貯蔵したり、供給したりするはたらきをいいます。
解毒とは、からだに有害な物質を分解して、無害な物質に変える機能のこと。体内でつくられる有害物質は、肝臓で無害な物質に変換されて、尿や便とともに排出されます。
もう一つ、肝臓には胆汁の生成という重要な役割があります。脂肪の消化・吸収に必要な胆汁を生成し、胆のう・胆管を経て腸へ送り出すはたらきのことです。
胆汁の成分の大部分は水分ですが、胆汁色素の「ビリルビン」や胆汁酸コレステロールなどが一緒に溶けています。
そのほかにも肝臓は、女性ホルモンの代謝や血液の一時的な貯蔵、古くなった赤血球からヘモグロビン(たんぱく質)を分解し、ビリルビンをつくるなどの役割も担っています。

出典:法研「からだと病気のしくみ図鑑」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肝臓の役割」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肝臓の役割の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation