@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肝臓の病気

からだと病気のしくみ図鑑

肝臓の病気
ビジュアルで見る病気③
肝臓は胆汁生成をはじめ、糖質たんぱく質脂肪などの栄養素分解合成貯蔵、有害な物質の無毒化・排泄、各種ビタミンの活性化および貯蔵など、数多くの仕事をこなしています。そのほとんどは、肝臓体積の約8割を占める肝細胞が担っています。
肝細胞が障害されると肝機能は低下しますが、このような事態を招く病気の代表が、「肝炎」です。
本来、肝臓は再生力の旺盛な臓器ですが、肝炎が慢性化して肝細胞の壊死が進んで、「肝硬変」に至ると、元に戻らなくなります。また、肝硬変になると「肝がん」を発症する危険も増してきます。

出典:法研「からだと病気のしくみ図鑑」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肝臓の病気」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肝臓の病気の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation