@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肥後【ひご】

世界大百科事典 第2版

ひご【肥後】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひご【肥後】
旧国名の一。熊本県全域に当たる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひご【肥後】
平安後期の歌人。肥後守藤原定成の女むすめ。初め京極関白師実家に、のち二条太皇太后宮令子内親王に仕えた。「堀河百首」の詠者の一人。「金葉和歌集」以下の勅撰集に入集。生没年未詳。家集「肥後集」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひご【肥後】
[1] 西海道一一か国の一国。古くは火(肥)国(ひのくに)の一部。令制で、肥前国・肥後国に二分される。鎌倉時代は安達氏・北条氏一門、南北朝時代は菊池氏・大友氏・少弐氏が守護となり、室町時代は九州探題の分国となった。豊臣秀吉は加藤清正・小西行長を置いて支配。江戸時代は四藩と天領の天草とに分かれる。廃藩置県後、熊本・八代・人吉の三県となり、明治九年(一八七六)熊本県となる。
[2] 〘名〙 「ひごずいき(肥後芋茎)」の略。
※雑俳・末摘花(1776‐1801)二「さなきだにひごをもちいてもてあまし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひご【肥後】
旧国名の一。西海道に属し、現在の熊本県にあたる。肥州

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肥後」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肥後の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation