@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肥松【こえまつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

肥松
こえまつ
灯火のとして用いる樹脂の多いマツの割り木。古くは続 (ついまつ) といった。松明 (たいまつ) と同義であったらしく,『和名抄』に「松明ハ今ノ続松カ」とある。松の赤芯の樹脂を多く含んでいる部分を松秀 (まつひで) といい,この松秀を細かく裂いて石や鉄製の火台の上に載せ,火を点じて灯火とする。東北地方の僻地や九州の離島などでは明治まで使われていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こえ‐まつ【肥松】
幹やが太く、松やにの多い松。たいまつなどに用いる。あぶらまつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

肥松
こえまつ
灯火として焚(た)いたマツの割り木。枯れマツの樹脂の多い部分を細かく割って燃やして灯火としたのは古い。その歴史は長く、昭和になっても行っている所があった。またマツの大木の古い切り株で、樹脂だけが残ったものを掘り出して小さく割り、松取り箱に入れておいて用いた所もあった。いろりの火の届かない土間などで夜なべ(夜業)をするときは、子供が火の番をしてマツを補充した。この火は屋外の灯火としても用いられ、屋内の照明として用いられなくなったあとも、夜釣りのときに用いたり、盆の精霊迎えに迎え火として焚いたりする所もあった。コエマツとよぶのは関西に多く、東北ではアブラマツ、関東ではヒデマツとよぶ所が多い。そのほかカンマツ、ワリマツ、ネマツなどその呼称は多い。樹脂の多いヒノキの根などを用いた所もある。これらを専用の台の上で焚いた。いろりの隅に枝の四方に出た木を立てて、その枝の間に平たい石をのせた松灯蓋(まつとうがい)の上で焚いたり、石屋のつくったヒデバチという石の鉢や、古鍋(ふるなべ)あるいは割れた陶器などを台にして焚いた。こうした灯台はマツダイ、カンタロ、トウゲなどともよばれ、その呼称も多い。[倉石忠彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こえ‐まつ【肥松】
〘名〙
① 幹や枝の太い松。松脂(まつやに)の多く出る松。松明(たいまつ)などに用いる。
※京大本湯山聯句鈔(1504)「松肪と云は肥松を云ぞ。今も話てこへ松を焼て句をするぞ」
② みいりのあること。獲物のあること。
※虎明本狂言・痩松(室町末‐近世初)「山だちの言葉にて、よひものはこゑ松と申」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肥松」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肥松の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation