@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肥沃な三日月地帯【ひよくなみかづきちたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

肥沃な三日月地帯
ひよくなみかづきちたい
Fertile Crescent
ペルシア湾からチグリス,ユーフラテス両川に沿って北西に伸びるメソポタミア地方から,さらにユーフラテス川をさかのぼってシリア地方にいたり,地中海岸に沿って南下してパレスチナ地方にいたる,ちょうど三日月 (半月) の形をなす地域。アメリカの考古学者 H.ブレステッドによって初めて用いられた用語。北には山岳地帯を,南には不毛なアラビアの砂漠を控え,その肥沃さのゆえに古代オリエント文明の発祥地となり,以来幾多の古代文明がこの地域において勃興した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひよくなみかづきちたい【肥沃な三日月地帯】
西アジア、メソポタミアからシリアに連なる三日月形の農耕地帯。古代オリエント文明の中心地で、最古の農耕文化はこの地域でおこった。広義には、エジプトのナイル川流域も含める。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

肥沃な三日月地帯
ひよくなみかづきちたい
The Fertile Crescent
中近東あるいはオリエントとよばれる地域のうち、初期文明が発生したティグリス・ユーフラテス河谷、東地中海岸、ナイル河谷がほぼ三日月の形体の配置を示しているところから、アメリカのオリエント学者J・H・ブレステド(1865―1935)が名づけた呼称。土地が肥沃であるだけでなく、豊かな文明が開花した地帯であることを意味している。[矢島文夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

肥沃な三日月地帯
ひよくなみかづきちたい
Fertile Crescent
ティグリス・ユーフラテス両川流域からシリア・パレスチナをへてエジプトのナイル川河口に至る三日月形の地域
アメリカのエジプト学者ブレステッドにより命名アラビア砂漠イラン高原に包まれた沃野 (よくや) 地帯を形成し,農耕社会最初の都市文明が発達した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肥沃な三日月地帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肥沃な三日月地帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation