@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肩を入れる【カタヲイレル】

デジタル大辞泉

肩(かた)を入・れる
肌脱ぎにした着物の袖に手を通す。
《一緒に担うために、物の下にを当てるから》援助する。ひいきする。「女優のに―・れる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた【肩】 を 入(い)れる
① 衣類から肩の部分を出していたのを入れる。肌脱ぎになっていたのが着物を着る。
※応永本論語抄(1420)八佾第三「まけたる者は肩を入て決拾ををといて、左手にさげはづせる弓を右手に持て堂上する也」
② になうために、その物の下へ肩をあてる。転じて、加勢する。味方する。後援する。肩を持つ。
※河海抄(1362頃)八「かたかくるとはその人につかふる心也。〈略〉世俗に肩をいるると云ふ也」
※末枯(1917)〈久保田万太郎〉「柳朝もその才分をみとめて特に肩を入れてくれた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肩を入れる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肩を入れるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation