@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肩車【カタグルマ】

デジタル大辞泉

かた‐ぐるま【肩車】
人を肩や首の辺りにまたがらせて担ぐこと。
柔道で、相手にのせ、担いで自分の前方へ投げる

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かたぐるま【肩車】
小児を肩の上で,足をにまたがせて載せることをいう。近畿から東海にかけてこれをカタクマとよぶのは,肩をにしてそれに乗るという意味から来ているのであろう。現在でも,人ごみの中で何か遠くのものを子どもに見せようとするときなどにこの形をとることがあるが,もとは,(1)男が成年に達したときの儀礼,(2)女の嫁入りのときの儀礼,(3)神事舞踊,(4)呪術祈禱などに際して,土に触れると神聖性を失うおそれありとされた場合にこの姿が採られたようである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

肩車
かたぐるま

子供を肩に乗せて歩くこと。乗った子は両足を大人の首の両側に伸ばし、大人はそれを両手でしっかりと押さえ、子供のほうは大人の頭につかまって体を支える。現在でも祭りや見せ物などの際によくみかける。昔は川越(かわごし)のとき、客も川越人夫に肩車をしてもらって川を渡った。また江戸では女の子の7歳の帯解(おびとき)の祝いに、出入りの者が肩車して、おもだった家々を挨拶(あいさつ)して回った。肩車の方言が、カタクマ(京阪)、クビコンマ(福島)、ビンビクマ・ベベクマ(山口)など、全国にわたって非常に数が多いのは肩車が古くから各地で行われていたためである。肩に乗せるのは、他民族の類例と比較して、おそらくは肩に乗せた者の足を地に触れさせないためであったろうといわれており、信仰的、宗教的な面からの意義が考えられている。貴人の歩く部分に敷物を敷くのも、足が直接地に触れるのを忌んだためであろう。

[丸山久子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた‐ぐるま【肩車】
〘名〙 (「乗せる」ことから、肩を車に見たてた語)
① 人を肩に乗せたり、首にまたがらせたりして、かつぐこと。古くは、片方の肩に腰かけさせるだけの場合もいった。肩首。肩駒(かたこま・かたくま)。肩継(かたつぎ)
※虎寛本狂言・子盗人(室町末‐近世初)「今度は、肩車に乗てすかしませう。ハア、いとし殿御を肩に乗せて、のせて乗せて、御所へ参らう」
② 江戸時代、女子の帯解(おびとき)の異称。盛装した七歳の女子を、出入りの仕事師などが肩に乗せて、氏神様などにお参りしたところからいう。多く俗語として用いられた。
※俳諧・夜半亭発句帖(1755)「髪置や苧のしだり尾の肩車」
③ 柔道の投げわざの一つ。相手を引き寄せ、腰をかがめながら一方の手を相手の両またの間に深くさし入れ、頭を相手のわきの下から外へ出し、相手のからだをかつぎあげ、自分の頭の上を越して、投げ落とすもの。
④ 人形浄瑠璃の人形の肩の部分につけて、腕の動きを滑らかにするための円形の板。〔楽屋図会拾遺(1802)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肩車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肩車の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation