@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

育児嚢【いくじのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

育児嚢
いくじのう
marsupium; brood pouch
カンガルーなど有袋類腹部にある袋。この袋は皮膚のひだからできたもので,内部には数個の乳頭が並ぶ。これら有袋類では胎児は発生のごく初期に出産され,生れたばかりの子は育児嚢内で乳頭を口に含みつつ成長する。単孔類ハリモグラでは生殖時期に一時的に育児嚢類似の孵卵嚢が生じる。このほか,無脊椎動物にみられる育房,タツノオトシゴなどにみられる卵嚢も育児嚢と呼ぶことがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いくじ‐のう〔‐ナウ〕【育児×嚢】
カンガルーなどの有袋(ゆうたい)類の雌の下腹部にある育児のための袋。単孔類ハリモグラの雌や、魚類タツノオトシゴの雄などにもみられる。育嚢

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

育児嚢
いくじのう

胎児や幼生を育てるために体の一部に生じたふくろをいう。有袋類では、胎児は発生の早期に産出されるので、雌親の腹を這(は)って、腹部の皮膚によって生じた育児嚢に達し、その中で乳頭を口に含んだまま発育する。骨盤の前方に袋骨(上恥骨)があり、育児嚢を支えている。単孔類のハリモグラでは、生殖期に一時的に雌の腹部中央に育児嚢を生じ、乳嚢がその内部にある。卵はここで孵化(ふか)し、子はここで育てられる。孵卵嚢ともいう。魚類のタツノオトシゴやヨウジウオでは、雌は、雄の腹部に発達する育児嚢(卵嚢ともいう)の中へ産卵し、孵化した稚魚はふくろから出たり入ったりして成長する。甲殻類等脚目のフナムシやダンゴムシの雌は、生殖期に胸部基部に扁平(へんぺい)葉状の覆卵葉を生じ、これと腹部との間の育児嚢(育房、育嚢ともいう)に受精卵を産む。卵はここで孵化し、幼体となってから雌親を離れる。

[川島誠一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いくじ‐のう ‥ナウ【育児嚢】
〘名〙 カンガルーなど有袋(ゆうたい)類の雌の腹部にある育児用の袋。皮膚のひだによって形成され内部に数個の乳頭がある。タツノオトシゴの雄やミジンコの雌などが卵や幼生の保護などのために体内にもつ袋などをいう場合もある。育嚢。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

育児嚢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

育児嚢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation