@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

育成関税【いくせいかんぜい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

育成関税
いくせいかんぜい
educational duties
現在は未発展であるが将来成長が期待される幼稚産業を保護・育成するために、外国製品の輸入を規制する保護関税の一種。育成関税は一時的に関税によって外国との競争から保護するもので、経済的優位性をもった段階で自由貿易に参加することを理念とするが、しばしば永続化する危険性もある。歴史的には、リストの主張に基づいて、19世紀なかば過ぎにイギリスに遅れて勃興(ぼっこう)したドイツの製造工業を保護・育成するためにとられた関税政策が有名である。[秋山憲治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

育成関税」の用語解説はコトバンクが提供しています。

育成関税の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation