@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肺癌【はいがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

肺癌
はいがん
pulmonary cancer
肺に生じる原発性悪性腫瘍の大部分を占めるもので,欧米では悪性腫瘍のなかで最も頻度が高く,日本でも増加しつつある。男性に多い。病理学的に扁平上皮癌腺癌未分化癌に分けられる。予後は未分化が最も不良である。誘因として,特に扁平上皮癌では喫煙が注目されている。腫瘍は局所で発育するだけでなく,リンパ行性,血行性に転移しやすい。初期症状は咳嗽血痰で,さらに進行すると無気肺炎,胸膜炎などの症状が現れる。診断はX線写真,気管支造影気管支鏡細胞診などによって行う。転移の範囲が肺門部などに限局している場合には,リンパ節切除を含めた肺葉切除,肺切除を積極的に行い,さらに制癌剤を投与する。手術が不可能な場合には放射線療法と制癌剤投与を併用する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はい‐がん【肺×癌】
肺に発生する癌。初め気管支粘膜に発生し、(せき)・痰(たん)・血痰・胸痛などの症状がみられる。喫煙や大気汚染などが原因となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はいがん【肺癌 lung cancer】
肺に発生する悪性腫瘍の一種。肺組織自体から発生する原発性肺癌と,他臓器に発生した癌が肺に転移定着し増殖した転移性肺癌に区別される。
【原発性肺癌】
 肺の気管支から肺胞に至る組織の表面を覆う上皮性細胞より発生する悪性腫瘍。この細胞集団は,肺という所属臓器の特異性を失い,増殖力のみをもち,さらに細胞の個々の密着性をある程度失って,遠隔転移増殖を起こし,ともに,周囲への圧迫,浸潤破壊を行って宿主を死に至らしめる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

はい‐がん【肺癌】
〘名〙 肺のなかにできた悪性の腫瘍。せき、痰(たん)、血痰、胸痛、呼吸困難、声がれなどの症状を示すが、自覚症状のないことがあり、検診での発見も多い。〔癌(1955)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肺癌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肺癌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation