@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

肺線維症【はいせんいしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

肺線維症
はいせんいしょう
pulmonary fibrosis
肺に線維性結合組織の増殖が起る疾患で,びまん性間質性肺炎とほぼ同意語である。原因は不明のもの (狭義の線維症) と,膠原病塵肺サルコイドーシス,好酸球肉芽腫症などによるもの (広義の肺線維症) とがある。症状は,乾性咳,体を動かしたときの呼吸困難,痰ときに血痰などである。呼吸困難が高度になると,右心負荷が強まり,肺性心となる。治療には副腎皮質ステロイドが有効で,必要に応じて酸素吸入や強心剤を用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はい‐せんいしょう〔‐センヰシヤウ〕【肺線維症】
に線維組織が過剰に形成される病気。肺胞壁の肥厚により、ガス交換が十分に行われなくなり、呼吸機能が低下する。塵肺膠原病間質性肺炎サルコイドーシスなどから進行する。息切れ・痰(たん)を伴わない咳・ばち指などの症状が見られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

肺線維症
はいせんいしょう
肺間質にびまん性に線維性結合織が過剰形成をおこし、肺の機能が障害されている状態をいう。このような病態をもたらす原因はサルコイドーシスなど多数あり、その臨床像や病態生理は基礎疾患により複雑な様相を呈するが、一方、呼吸困難などの自覚症状、びまん性の結節状または網状の陰影を主徴とする胸部X線像、拡散障害を主とする肺機能所見など、共通する所見もみられる。
 1944年にハンマンHammanおよびリッチRichが「急性びまん性間質性肺線維症」の4剖検例を発表したのが、肺線維症の概念の始まりである。その後、慢性の経過をとる症例も多数追加され、間質性線維症の前段階ともいうべき間質性肺炎が注目されるようになった。種々の分類が発表されているが、現在では肺線維症といえば、局所性でなく、びまん性のものをさし、原因となった病名の明らかな場合は原疾患名をつけてよび、原因不明のものを「びまん性線維化性間質性肺炎」とし、これを狭義の肺線維症とするものが多い。[山口智道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はい‐せんいしょう ‥センヰシャウ【肺線維症】
〘名〙 肺組織に、異常な線維増殖がおこり、肺の運動性やガス交換機能が障害され、進行すれば、呼吸困難や呼吸不全をきたす疾患。原因は塵粉(じんふん)、ウイルス、薬物、放射線、アレルギー、膠原病などによる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肺線維症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

肺線維症の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation