@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

胃と大腸の病気

からだと病気のしくみ図鑑

胃と大腸の病気
ビジュアルで見る病気②
胃と大腸内側は表面を粘膜で覆われていますが、異変には非常にデリケートにできています。
そのため、暴飲暴食などの刺激で胃粘膜が傷つきやすく、病的な変化をおこすと、痛みが生じたり、胸やけ吐き気など不快な症状が現れます。また、大腹痛をはじめ、下痢便秘、お腹が張った感じ、下血(血便)などの症状が現れます。
しかし、胃、大腸ともにがんポリープなどができた場合、早期には自覚症状が現れにくく、病気を進行させてしまう恐れがあります。普段、異変を感じないからといって、胃や腸が丈夫だと過信はせずに定期的に検診を受けるよう心がけましょう。

出典:法研「からだと病気のしくみ図鑑」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胃と大腸の病気」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胃と大腸の病気の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation