@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

胃洗浄【いせんじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胃洗浄
いせんじょう
gastrolavage
食中毒などの場合に,ゴム製胃管を口からに挿入し,胃内容物を吸引洗浄する方法。動脈瘤のある場合,心臓弁膜症動脈硬化症胃潰瘍の活動期,呼吸困難妊婦老人などの場合は,胃洗浄は行われない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

い‐せんじょう〔ヰセンジヤウ〕【胃洗浄】
毒物の誤飲時などに、を口から胃まで挿入し、温水などの注入排出を繰り返して、胃の内容物を洗い出す処置法。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いせんじょう【胃洗浄 gastrolavage】
胃の中にたまった食物残渣,凝血塊薬物などを除くために,胃内にチューブを挿入し,直接胃内腔を洗浄することをいう。薬物中毒や胃運動障害,慢性胃炎に際して行われる。目的によりチューブの太さは異なるが,一般に直径8mm程度のゴム製あるいはシリコン製のものを用い,先端グリセリンゼリー塗布した後に口から胃内に挿入する。門歯列から食道・胃境界部までが40cmであるため,50cm挿入すれば胃内に到達することができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

い‐せんじょう ヰセンジャウ【胃洗浄・胃洗滌デウ
〘名〙 胃を洗いきよめること。
※ある女(1973)〈中村光夫〉一「なれない手付で胃洗滌をする祖父と、神妙にその手伝ひをする伯母の顔をみながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胃洗浄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胃洗浄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation