@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

胆汁色素【タンジュウシキソ】

デジタル大辞泉

たんじゅう‐しきそ〔タンジフ‐〕【胆汁色素】
胆汁の主成分の一。人間の場合、ヘモグロビン代謝産物で、ビリルビンという黄褐色の色素を指す。糞便の色はこれによる。血清中に過剰に存在する状態が黄疸(おうだん)。ほかにビリベルジンという緑色の色素もある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

胆汁色素
 ヘモグロビンのヘムが分解されて生成する色素で,胆汁内へと排泄され,胆汁色素とよばれる.最終的には便の色となる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんじゅうしきそ【胆汁色素 bile pigment】
動物の胆汁(胆液)の主成分の一つで,4個のピロール環が3個の炭素原子を介して結合したテトラピロール構造を主体とし,両端に2個の水酸基をもつテトラピラン誘導体の総称。その大部分が赤褐色のビリルビン(胆赤素)と青緑色のビリベルジン(胆緑素)(図1)であり,両成分の量比と濃度の違いによって,胆汁の色が変わる。ヒトの胆汁はほとんど胆赤素から成り,通常赤褐色を呈するが,肉食動物と草食動物はそれぞれ胆赤素と胆緑素が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんじゅうしきそ【胆汁色素】
動物の胆汁中に含まれる赤黄色のビリルビン、緑色のビリベルジンなどの有色物質。ヒトではほとんど前者のみ。ヘモグロビンの分解産物。胆汁色素が何らかの原因で血液中に多量に現れると黄疸おうだんとなる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たんじゅう‐しきそ タンジフ‥【胆汁色素】
〘名〙 胆汁の主成分の一つ。黄褐色のビリルビンと青緑色のビリベルジンからなり、胆汁と糞便に色を与える。消化、吸収の働きはない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

胆汁色素
タンジュウシキソ
bile pigment

胆汁中に含まれる色素で,赤黄色のビリルビンおよび緑色のビリベルジンを主成分とする.両者の量比および濃度によって,胆汁にさまざまな色を与える.肉食動物には前者が,草食動物には後者が多い.ヘモグロビンの分解産物で,図に示すような代謝経路を経る.網状内皮細胞中でヘモグロビンが分解されて鉄およびグロビンが離脱したのち,まずビリベルジンが生じ,ついでビリルビンに還元される.これが血液中のタンパク質と複合体をつくって肝臓に運ばれ,グルクロン酸と結合して胆汁中に排出される.ついで腸内に送られ,大腸で微生物による還元を受けてウロビリノーゲンになる.これは無色であるが,空気酸化を受けると赤褐色のウロビリンになる.胆汁色素の検出には次のような試薬または反応が用いられる.
(1)エールリヒのアルデヒド試薬(エールリヒ反応),
(2)エールリヒのジアゾ試薬(van den Bergh反応),
(3)グメリン試薬(発煙硝酸1:希硝酸6)に試料を重層すると,酸化作用により境界面に下から順に,黄,赤,紫,青,緑色を呈する.ビリベルジンにもとづく最上層の緑色をもって陽性と判定する(グメリン法),
(4)酢酸亜鉛のアルコール液,ウロビリンが存在すると緑色の蛍光を発する(Schlesinger法).

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胆汁色素
たんじゅうしきそ
ビリルビン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胆汁色素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胆汁色素の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation