@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

背嚢【ハイノウ】

デジタル大辞泉

はい‐のう〔‐ナウ〕【背×嚢】
皮や布で作った、中に負う方形のかばん。軍人などが用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

背嚢
はいのう
軍隊で徒歩部隊の将兵が背負う袋。乗馬部隊は使用しない。中に食糧、弾薬、衣料や個人生活用品を入れ、外側に携帯テント、外套(がいとう)、飯盒(はんごう)などをくくり付ける。昔は堅固な皮革や毛皮を材料として耐久力や保温力を重んじたが、近年では量産に便利で耐湿性のある綿布ズック製のものが多くなった。[寺田近雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はい‐のう ‥ナウ【背嚢】
〘名〙 軍人、学生などが物品を入れて背負う革やズックなどでつくった方形のかばん。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

背嚢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

背嚢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation