@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

胎内川【たいないがわ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

胎内川
たいないがわ

新潟県北部を流れる川。源を飯豊(いいで)山地の二王子(におうじ)岳連峰に発し、上流は前山丘陵に並走して胎内渓谷の景勝地を形成する。谷口の断層崖(がい)下には模式的な扇状地が発達し、高畑(たかばたけ)あたりで蒲原(かんばら)砂丘に遮られ、かつては砂丘沿いに荒川に合流していたが、現在は明治年間に開削された高畑―笹口浜(ささぐちはま)間の分水路で日本海に注ぐ。延長30キロメートル。上流の胎内渓谷は飯豊山の登山口で、1959年(昭和34)から県営胎内発電計画が進められ、第1、第2ダムができて最大出力1万3000キロワットの発電所が完成し、急激に観光化が進んだ。渓谷美と人工美に優れ、胎内二王子県立自然公園に指定されている。

 渓谷入口には全国植樹祭が行われた胎内平(だいら)や樽ヶ橋観音(たるがはしかんのん)があり、観光施設も完備され県下有数の行楽地になっている。もと掘抜き井戸の自噴が名物であった胎内扇状地は胎内市中条(なかじょう)地区の化学工業都市の発展で湧水(ゆうすい)は枯渇し、河口の砂丘地帯は中条ガス田開発がこれにかわり、日立製作所などの進出で県北ガス化学コンビナートが形成されている。

[山崎久雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胎内川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胎内川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation