@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

胎生【たいせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胎生
たいせい
viviparity
胎児が母体内で発育し,ある程度自立が可能となった段階で体外に産み出される現象。卵生に対する語。真の胎生は哺乳類ハリモグラカモノハシなどの単孔類は除く)だけに見られ,は母体の子宮壁に着床し,形成された胎児胎盤を通して栄養を摂取し,老廃物は胎盤を通じて排出する。なお,ヒルギ類などの植物では結実後も果実が母体にとどまり,そこで種子が発芽して幼植物となる場合があるが,そのような種子を胎生種子という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たい‐しょう〔‐シヤウ〕【胎生】
仏語。四生(ししょう)の一。母胎から生まれるもの。人間やの類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐せい【胎生】
受精した卵子が胎盤によって直接母体につながり、栄養を受けて発育し、親とほぼ同じ姿になって生まれること。単孔類を除く哺乳類にみられる発生方法。⇔卵生。→卵胎生
植物の種子が結実後も枝についたまま発芽し、ある程度まで育ってから親株を離れること。オヒルギメヒルギなどにみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいせい【胎生 viviparity】
動物の生殖の1型式。が体内で卵子を受精させ,ある程度,胚発生が進むまで体内に保持し,孵化(ふか)を終えてから体外に胚を放出することをいう。したがって産み出された胚は親の形に近い子の形となっている。鳥類爬虫類は卵を産むので卵生ということになるが,厳密にいうと,この卵は体内で受精され,ある程度発生が進行した胚である。したがってこれらの動物は,未受精卵を産み体外受精を行う両生類や魚類におけるような真の意味の卵生とは異なり,むしろ広義の胎生の中に含めるべきであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいしょう【胎生】
四生ししようの一。ほとんどの哺乳類のように母胎から生まれること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいせい【胎生】
子が母胎内で胎盤によって栄養や酸素の補給を受けながらある程度まで育ち、個体として生まれること。単孔類を除く哺乳類に主に見られる。 ⇔ 卵生卵胎生

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

胎生
たいせい
一般に体内受精をする動物で、受精した卵が母体内にとどまり、母体と組織的連絡を保ち栄養の供給を受けながら胚(はい)として発育し、成体と同じような体形となって生まれてくる場合をいう。脊椎(せきつい)動物のうち水中生活の動物は普通体外受精をし、その卵や胚は乾燥とか温度の急激な変化から守られて発生できるが、陸上生活をするようになった爬虫(はちゅう)類や鳥類は体内受精をし産卵する。この卵の表面には殻があり、中には羊膜をもち乾燥に耐えられ、発生に必要な栄養を蓄えた多量の卵黄をもっている。しかし哺乳(ほにゅう)類では、その卵は顕微鏡的な小さなもので、初期の発生に必要な栄養の供給ができるぐらいの卵黄しかもたない。そこで妊娠という方法が進化し、受精した卵は輸卵管の一部が変化して生じた子宮内にとどまり、その壁に着床して胚発生をする。胚と母体の組織は胎盤といわれる組織を形成し、それを介して母体から栄養の補給を受け、また老廃物の排出も行う。哺乳類のうちでも原始的な単孔類(カモノハシ、ハリモグラなど)はまだ卵生であり、また哺乳類の祖先型といわれる有袋類(フクロネズミ、カンガルーなど)では胎盤が発達せず、胚に近い未熟な子が産み出され、母体の育児嚢(のう)の中で育てられる。胎生はかならずしも哺乳類だけに限らず、板鰓(ばんさい)類に属するホシザメの一種は、胚の卵黄嚢が子宮壁と連結し胎盤を形成する胎生である。
 またある種の植物(マングローブの類)でも種が母体から脱落せず、発芽し幼植物となる場合は、その種子を胎生種子という。[守 隆夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐しょう ‥シャウ【胎生】
〘名〙 仏語。
① 四生の一つ。母胎から生まれること。また、そのもの。人間や獣の類。
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「况乎我従胎生于今日自有修善之志
※正法眼蔵(1231‐53)行仏威儀「胎生・化生等は、仏道の行履なりといへども、いまだ湿生・卵生等を道取せず」
② 浄土真宗で、自力の善を回向(えこう)して往生するもの。また、その人の生まれ方。方便化土の往生の相とし、真実報土の往生である化生(けしょう)と区別する。
※往生要集(984‐985)大文一〇「此諸衆生、生彼宮殿、寿五百歳、当不仏〈略〉是故於彼国土、謂之胎生」 〔無量寿経‐下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい‐せい【胎生】
〘名〙
① 体内受精を行なった卵子が母体の生殖器官内に定着し発育し、分娩によって産み出される現象。単孔類を除く哺乳類に見られる。⇔卵生。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕
※こがね丸(1891)〈巖谷小波〉八回「総じて獣類は胎生(タイセイ)なれど」 〔礼記‐楽記〕
② 種子が結実後もしばらく母体内にとどまり、そこで種子が発芽して幼植物となる現象。メヒルギなどマングローブ類に見られる。このような種子を胎生種子という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胎生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胎生の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation