@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

胚培養【はいばいよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胚培養
はいばいよう
embryo culture
種子からを取り出して培養し,個体へ育成させる方法。異種の植物から雑種を作出する場合,受粉後の胚の成長が乳胚の発達不全によって損なわれる場合が多く,胚を取り出して,適切な養分を含む培養器中で胚を成長させる方法が開発された。 1959年には,胚培養を利用してキャベツハクサイの雑種ハクランが得られ,その後コマツナとキャベツの雑種千宝菜の育成が実用化された。現在では,ユリ,モモ,カキなど多数の品種に対して応用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

胚培養
受精後の胚を培養すること。「種の壁」を越えて植物同士を交配しても、胚は途中で死んでしまう。胚が死ぬ前に試験管内に取り出して培養すると、雑種の植物体にまで成長する。ハクサイとキャベツの雑種ハクランや、キャベツとコマツナの雑種千宝菜などがすでに市販されている。植物同士が遠縁受精が起こらない場合には、胚珠を取り出して試験管内で受精、培養する胚珠培養という方法も開発されている。
(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

胚培養」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胚培養の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation