@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

胞子体【ほうしたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胞子体
ほうしたい
sporophyte
造胞体。胞子をつくりだす生物体のであって,特に,胞子世代と配偶世代が交代して現れる生物について,胞子をつくる世代 (造胞世代) を区別していうときに用いることの多い語である。規則的に両世代が交代する生物にあっては,胞子体自体は配偶子の合体によって生じるのであり,胞子から生じるのではない。胞子体と,配偶子をつくりだす配偶体は,外見上は同形同大のこともあり,形と大きさが異なることもある。コケ植物では配偶体のほうがおもな生活形態であるが,シダ植物では胞子体のほうが主体である。種子植物およびいわゆる高等動物においては,その生物体は系統発生からみて胞子体に相当しており,配偶体はその内部で直接に生殖にたずさわる一部の細胞および組織へと退化している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうし‐たい〔ハウシ‐〕【胞子体】
世代交代を行う植物で、胞子をつくる無性世代の個体。造胞体。→配偶体

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうしたい【胞子体 sporophyte】
胞子をつくる無性世代の植物体。造胞体ともいう。配偶体対語。ふつう接合子から発生し,体上に胞子囊をつけ,その中に胞子を生じる。核相は一般に複相である。藻類の一部にはボルボックスアオミドロ,シャジクモなどのように胞子体を欠くものもある。藻類の胞子体は糸状,軸状,葉状などで単純な構造であるが,コンブ類のように長さ50mにも達し,ある程度器官の分化が認められるものもある。菌類子実体も胞子体の一部である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうしたい【胞子体】
世代交代をする植物の、無性世代の植物体。胞子をつくってふえる。造胞体。 ⇔ 配偶体

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうし‐たい ハウシ‥【胞子体】
〘名〙 胞子を作る無性世代の植物体をいう。造胞体。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胞子体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胞子体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation