@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

胞子囊【ほうしのう】

世界大百科事典 第2版

ほうしのう【胞子囊 sporangium】
胞子体上に生じ,胞子をつくる無性生殖器官。藻類菌類では単細胞性で,栄養細胞と同形かそれより大きい。コウジカビなどの子囊菌類では子囊ascus,マツタケなどの担子菌類では担子器basidiumと呼ばれる。陸上生活をするコケ植物維管束植物では多細胞性の囊状構造である。コケ植物の胞子囊である(さく)capsuleは胞子体の先端に生じる。シダ植物の胞子囊は,ワラビなどのシダ類では小さく,胞子囊壁は薄いが,他の類では大きく,壁も厚い

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

胞子囊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胞子囊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation