@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

胡錦濤【こきんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胡錦濤
こきんとう
Hu Jin-tao
[生]1942.12. 上海
中国の政治家。 1964年中国共産党入党,1965年清華大学卒業。専門の水利学を生かし甘粛省水利部門などに技師として勤務。当時甘粛省委員会書記だった宋平・元政治局常務委員に見出され,1982年中国共産主義青年団 (共青団) 甘粛省委員会書記に就任し,党活動専任に転じる。 1984年共産主義青年団中央書記局第1書記,1985年貴州省党委員会書記,1988年チベット自治区党委員会書記を歴任。 1992年の第 14回中国共産党全国代表大会 (党大会) 後に中央政治局常務委員に抜擢され,1998年第9期全国人民代表大会 (全人代) 第1回会議で国家副主席,2002年第 16回党大会後に党中央委員会総書記,2003年第 10期全人代第1回会議で国家主席に選出され,中国の党機関と国家機関のトップに就任した。 1993年以降中国共産党中央党校の校長,1999年以降中国共産党中央軍事委員会副主席を務める。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐きんとう〔‐キンタウ〕【胡錦濤】
[1942~ ]中国の政治家。安徽省出身。清華大学卒業。1964年中国共産党入党。1992年政治局常務委員、1998年国家副主席、2002年党総書記に就任。2003年国家主席に選出され、2005年3月国家中央軍事委員会主席に就任、党・国家・軍の三権を掌握。2012年、党総書記・中央軍事委員会主席を退任後任習近平フー=チンタオ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フー‐チンタオ【胡錦濤】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

胡錦濤
こきんとう / フーチンタオ
(1942― )

中国の政治家。安徽(あんき)省績渓(せきけい)県出身。1964年中国共産党入党。北京(ペキン)清華大学卒業。1984年共産主義青年団第一書記。1985年党中央委員。同年貴州(きしゅう)省党委員会書記(1988年まで)。1988年チベット自治区党委書記(1992年まで)。1992年党中央政治局常務委員。1997年同局常務委員第4位。1998年国家副主席。朱鎔基(しゅようき)を筆頭とする清華大学グループのテクノクラートで、胡耀邦(こようほう)、喬石(きょうせき)(1924―2015)、宋平(そうへい)(1917― )ら党内有力者の後押しがあり、スピード出世したという。「第四世代」に属し、江沢民(こうたくみん)の後継者の有力な一人と目された。2002年11月党総書記に就任。2003年3月の第10期全国人民代表大会(全人代)第1回会議で国家主席に選出された。2004年9月党の中央軍事委員会主席、2005年3月国家中央軍事委員会主席に就任、これにより党・国家・軍の三権を掌握した。2007年10月党総書記、2008年3月国家主席に再任した。2012年11月党総書記および党中央軍事委員会主席を退任、2013年3月国家主席および国家中央軍事委員会主席を退任し、完全引退した。

[渋谷 司 2019年4月16日]

『ウィリー・ラム著、相馬勝訳『新皇帝・胡錦濤の正体――中国第4世代指導者の素顔と野心』(2002・小学館)』『辻康吾監修、祁英力著、おうちすえたけ編訳『胡錦濤と現代中国』(2002・勉誠出版)』『NHK「中国」プロジェクト編著『21世紀中国はどう変貌するか』(2003・日本放送出版協会)』『許介鱗・村田忠禧編『現代中国治国論――蒋介石から胡錦濤まで』(2004・勉誠出版)』『矢吹晋著『中国の権力システム――ポスト江沢民のパワーゲーム』(平凡社新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胡錦濤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胡錦濤の関連情報

関連キーワード

レジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーン朝鮮人強制連行問題アントニー ビーバー第2次世界大戦アンガー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation