@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

胡麻塩【ゴマシオ】

デジタル大辞泉

ごま‐しお〔‐しほ〕【×胡麻塩】
炒った黒ゴマと焼き塩をまぜたもの。
黒いものと白いもののまじったもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごましお【胡麻塩】
炒った黒胡麻と焼き塩をまぜた調味料。
髪や髭ひげに白毛のまじっていること。 非常に失望した容子で、-の鬢の乱れを頻りに撫でた/坊っちゃん 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごま‐しお ‥しほ【胡麻塩】
〘名〙 (「ごまじお」とも)
① ゴマの種子を炒(い)って、焼塩とまぜたもの。こわめしなどにふりかける。
※石山本願寺日記‐私心記・天文五年(1536)三月三日「御祝赤飯、土器に入、さきにごましほあり」
② 黒と白のまじったもの。特に、頭髪、ひげなど、黒毛と白毛のいりまじったものをいう。
※雑俳・柳多留‐二四(1791)「ごましほの毛受へたまる口惜しさ」
③ (①の包紙に形が似ているところから) 死者の額につける三角の角帽子(つのぼうし)をいう。
※雑俳・軽口頓作(1709)「わるいもの・ごまじほあてて役するの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胡麻塩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胡麻塩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation