@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

胡麻擂【ごますり】

精選版 日本国語大辞典

ごま‐すり【胡麻擂】
〘名〙
① その時の都合で、どちらにも誰にでも迎合すること。人にへつらって自分の利益を計ること。また、その人。
※歌舞伎・富士額男女繁山(女書生)(1877)序幕「ごま摺(ス)りに、是から湯殿へ出掛けて行って、背中でも流して来よう」
② 告げ口をすること。また、その人。
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉一六「ごますり━告げ口(××さんは━や)」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胡麻擂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胡麻擂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation