@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

胡麻点【ごまてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

胡麻点
ごまてん
日本音楽の声楽の記譜。声明催馬楽朗詠などに用いられていた線画の博士 (はかせ。墨譜) に対して,その比較的単純化したものをいう。形がごまに似ているためこの名があり,胡麻符ともいう。すでに声明のなかでも「講式」などの記譜は胡麻点に近いが,謡曲および浄瑠璃では,特に歌詞の右側だけに記すことが固定した。謡曲では,平胡麻,上がり胡麻,下がり胡麻の3型が基本で,1つの胡麻点を1シラブルにあてるのを原則とする。現在では地拍子の単位を示し,高さについては,別の符号が添えられる。浄瑠璃では,「黒朱」ともいい,「あがる」「さがる」などの単純なもの以外に,「もつ」「はしる」「のむ」「ゆる」「まわす」などの複雑なものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ごま‐てん【×胡麻点】
謡い物語り物または声明(しょうみょう)などの文のわきにつけ、節の高低などを示す符号。黒ゴマのような形をしたもの。節博士(ふしはかせ)。
読点(とうてん)」に同じ。
傍点(ぼうてん)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごまてん【胡麻点】
形がゴマ粒に似ることから
平曲・謡曲などの日本の声楽の記譜で、旋律を示すために詞章各文字の右傍に付けられた小さな記号。
読点とうてん・傍点の別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ごま‐てん【胡麻点】
〘名〙 (形がクロゴマに似ているところから)
① 謡物の文句の傍につけた、曲節を明らかにするための点。ふしはかせ。墨譜(ぼくふ)。胡麻節。
② 語句や文章の断続を明らかにして読み易くするためにつけた点。読点(とうてん)
③ 強調したり注意を向けさせるために、その文字や語句の傍につける点。傍点。
※校正ハンドブック(1958)〈戸台俊一〉校正の基礎「傍点(ゴマに似ているのでゴマ点ともいう)」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胡麻点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

胡麻点の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation