@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

能代市【のしろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

能代〔市〕
のしろ
秋田県北西部,米代川 (能代川) 中・下流域に位置し,日本海に臨む市。能代平野の中心都市。 1940年市制。 1942年扇淵村,1955年檜山町と鶴形村,浅内村,常盤村をそれぞれ編入。 2006年二ツ井町と合体。阿倍比羅夫が遠征のとき,この地を渟代 (ぬしろ) 郡と定め,安土桃山時代には米代川流域の物資の積出港として繁栄。江戸時代は松前 (北海道) ,北陸,山陰,大坂などとの交易が盛んであった。奥羽本線の開通とともに港の機能は衰微したが,米代川上流域は秋田杉の本場で,日本三大美林の一つ。その美林を開発する植林政策が促進されてから,製材,木工場が進出。また,扇田地区に工業団地が形成されている。海岸の砂丘地帯は果樹園,畑地に利用され,南部の檜山は江戸時代から茶畑があり,日本の茶生産地の北限。市街は 1949年,1956年の2度の大火により防災都市を形成。 1974年能代港が外国貿易港として開港,1981年に重要港湾に昇格した。さらに 1978年に1万 5000t岸壁,2001年に4万t岸壁がそれぞれ完成した。檜山安東氏城館跡,杉沢台遺跡はともに国の史跡に指定されている。東部の米代川と藤琴川合流地付近は,きみまち阪と呼ばれる景勝地できみまち阪県立自然公園に属する。市域中央を流れる米代川に沿って JR奥羽本線,国道7号線が通り,市内の芝童森 (しどうもり) で国道 101号線 (大間越街道) が分岐して北上。これに沿って東能代駅から五能線が走る。面積 426.95km2。人口 5万4730(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のしろ‐し【能代市】
能代

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能代市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

能代市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation