@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

能因【ノウイン】

デジタル大辞泉

のういん【能因】
[988~?]平安中期の歌人俗名橘永愷(たちばなのながやす)。藤原長能(ふじわらのながよし)に和歌を学ぶ。初め文章生(もんじょうしょう)となったが、のち出家。高貴の人のに出入りし、専門歌人として慕された。能因歌枕」、私撰集「玄々集」、家集「能因法師集」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

能因 のういん
988-? 平安時代中期の歌人。
永延2年生まれ。藤原長能(ながよし)にまなび,陸奥(むつ),甲斐(かい),伊予(いよ)などを旅して歌作。大江嘉言(よしとき),源道済(みちなり)らと交遊し,「賀陽院(かやのいん)水閣歌合」「内裏歌合」などにも参加した。中古三十六歌仙のひとりで,歌は「後拾遺(ごしゅうい)和歌集」などにある。俗名は橘永愷(ながやす)。通称は古曾部入道。著作に「能因歌枕」,歌集に「能因法師集」「玄々集」など。
【格言など】嵐吹く三室の山のもみぢ葉は竜田の川の錦なりけり(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

のういん【能因】
988(永延2)‐?
平安中期の歌人。没年は1050年(永承5)11月以後。肥後守橘為愷(ためやす)の子,俗名永愷(ながやす)。文章生となるが,26歳のころ出家。家集《能因法師集》に出家時の作〈今日こそははじめて捨つるうき身なれいつかはつひにいとひはつべき〉がある。直接の原因は不明だが,自己を愛し,積極的に生きるための出家であったことがわかる。彼の作歌は,実生活に即したものが多いが,僧侶の生活を詠んだ歌は少なく,道統や修行の詳細は明らかでない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

能因
のういん
(988―?)

平安中期の歌人。俗名橘永愷(たちばなながやす)。父は肥後守(ひごのかみ)橘元愷。のち兄為愷の養子となった。法名は融因、のち能因。古曽部(こそべ)入道とも号した。中古三十六歌仙の一人。文章生(もんじょうしょう)出身の官僚であったが、20代後半に出家した。家集『能因法師集』によれば、恋人の死が契機となったらしい。若年時より和歌を藤原長能(ながよし)に学び、1035年(長元8)「関白(かんぱく)左大臣頼通(よりみち)歌合(うたあわせ)」や、49年(永承4)「内裏(だいり)歌合」などに出詠し、当代歌人とくに受領(ずりょう)層歌人の指導的立場にたって活躍した。またこの時代に顕現し始める好士(すきもの)の中心的人物でもある。旅を好み、羇旅(きりょ)歌人のイメージが濃い。その赴く所は陸奥(むつ)に二度、遠江(とおとうみ)(静岡)、美濃(みの)(岐阜)、伊予(愛媛)、美作(みまさか)(岡山)その他に及ぶが、それらは多く知友の国司を頼ってのものであった。陸奥下向時の「都をば霞とともに立ちしかど秋風ぞ吹く白河の関」という一首は広く人口に膾炙(かいしゃ)し、のちに西行(さいぎょう)などに影響を与えた。50年賀陽院(かやのいん)の歌合に名がみえるが、没年は不詳。著書に『能因歌枕(うたまくら)』『玄々(げんげん)集』がある。

[川村晃生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のういん【能因】
平安中期の僧侶、歌人。中古三十六歌仙の一人。俗名、橘永愷。はじめ融因、のち能因と号した。和歌を藤原長能に学び、歌道師承の先蹤といわれ、和歌の道に深く傾倒した。自撰家集「能因法師集」、私撰集「玄々集」、歌学書「能因歌枕」などがある。永延二年(九八八)生、没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能因」の用語解説はコトバンクが提供しています。

能因の関連情報

関連キーワード

イブン・アンナディーム窒化マグネシウム尾張国郡司百姓等解文上東門院デリー源頼義塩化カリウム尾張国郡司百姓等解文ハンガリー日野資業

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation