@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

能役者【のうやくしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

能役者
のうやくしゃ
能楽師の古称。能楽に出演するのを職業とする人。シテ方ワキ方狂言方の立方と,笛方,小鼓方,大鼓方,太鼓方の囃子方と,7つに分れる。シテ方が中心で,これに対しワキ方,囃子方,狂言方を三役という。シテ方は能のシテ,シテヅレ,子方,地謡を受持ち観世宝生 (上掛り) ,金春,金剛,喜多 (下掛り) の5流。ワキ方はワキ,ワキヅレを受持ち,福王,高安,宝生の3流。狂言方は間狂言狂言を受持ち,大蔵和泉の2流。笛方は一噌,森田の2流。小鼓方は観世,幸,幸清,大倉の4流。大鼓方は葛野,高安,石井,大倉,観世の5流。太鼓方は観世,金春の2流がある。家元制度のもとにあり,統合団体として能楽協会がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のう‐やくしゃ【能役者】
能楽を演じることを職業とするシテ方ワキ方狂言方囃子(はやし)方の専門に分かれている。能楽師

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のうやくしゃ【能役者】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のうやくしゃ【能役者】
能楽を演ずる役者。シテ方・ワキ方のほか、囃子方はやしかた・狂言方も含む。能楽師。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のう‐やくしゃ【能役者】
〘名〙 能楽を演じる役者。シテ方・ワキ方をさしていうが、ふつう狂言方・囃子方も含めていう。能楽師。
浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)三「お能(ノウ)役者は裏門口、表御門はお客人御饗応(もてなし)の役人衆」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能役者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

能役者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation