@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

能狂言【ノウキョウゲン】

デジタル大辞泉

のう‐きょうげん〔‐キヤウゲン〕【能狂言】
狂言
狂言のこと。歌舞伎狂言俄(にわか)狂言などと区別するため、江戸時代になって使われだした語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

能狂言
能楽における狂言、いわゆる“狂言”のことで、歌舞伎狂言などと区別するために特にいう。高度に様式化されており、演出の作業は不要。かがり火の灯りのもとで演じる薪能(たきぎのう)がある。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

デジタル大辞泉プラス

能狂言
古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。「但馬の殿様」「お能狂言」「能芝居」とも。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のうきょうげん【能狂言】
能の狂言の意。能に付随する狂言は,通常はたんに狂言と呼ばれ,狂言方,狂言師,狂言面,狂言装束のように称されるが,歌舞伎台本ないし演(だ)しものをも狂言というようになったため,それと区別して,とくに能狂言と呼んだ。また,能と狂言の意で用いられた例もある。狂言【味方 健】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のうきょうげん【能狂言】
能と狂言。
能楽の狂言。歌舞伎狂言に対していう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

能狂言
のうきょうげん
狂言の別称。狂言の語は、江戸中期以後になると歌舞伎(かぶき)の外題(げだい)をも称するようになり、さらに普遍して演劇の別名のように使われることになったため、江戸後期から、本来の狂言は能とともに演じられる狂言の意で、能狂言ともよばれるようになった。しかし、この語は「能と狂言」の意味にもとられ、適当でなく、今日では「狂言」というほうが一般的となっている。[小林 責]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のう‐きょうげん ‥キャウゲン【能狂言】
〘名〙
① 能と狂言。
※わらんべ草(1660)一「能狂言組出、役付を見て、先我々の役々よく合点して、いるべき道具をせんさくし」
能楽における狂言。歌舞伎狂言などと区別するためにいう。江戸時代になって使われ出したことば。単に狂言とも。
※明治世相百話(1936)〈山本笑月〉バカにした連中総感服「古今の絶技といはれた能狂言の山本東(先代東次郎)は大蔵流の家元で、全く飛び抜けた名人」
③ 本来の狂言をくずして俄(にわか)風にしたもの。寺社の境内などの小屋掛けで演じられた。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)七「売薬のいひたて、うき世ものまね、能狂言(ノウケウゲン)、境内に所せきまでみちみちたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能狂言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

能狂言の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation