@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

能登町【のと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

能登〔町〕
のと
石川県北部,能登半島東岸から奥能登丘陵に広がる町。2005年能都町,柳田村,内浦町が合体して能登町となった。海岸部では漁業が盛んで,宇出津鵜川といった内浦を代表する漁業集落があり,ブリの定置網漁(→定置網),サケ,マス,イカ釣り漁業が盛ん。町野川,松波川などの河川流域では米作,芋,豆,蔬菜栽培が行なわれるほか,丘陵地ではシイタケ,クリ,ブルーベリーが栽培される。奥能登の山あいでは豊かな森林資源を利用して用材,薪材,木炭などが生産される。沿岸部の大半は能登半島国定公園に属し,九十九湾恋路海岸といった景勝地に恵まれている。松波には畠山氏ゆかりの松波城跡,万福寺がある。真脇遺跡は国の史跡農耕儀礼である「奥能登のあえのこと」(→あえのこと),正月行事の「能登のアマメハギ」は国の重要無形民俗文化財。国道249号線が海岸沿いを走り,珠洲道路が内陸部を通る。面積 273.27km2。人口 1万7568(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能登町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

能登町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation