@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

能郷白山【のうごうはくさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

能郷白山
のうごうはくさん
岐阜・福井両県境に連なる両白山地西部越美山地にある山。別称権現山標高 1617m。白山信仰霊場として有名。里の白山神社岐阜本巣市根尾郷にある。白山神社では,地名由来でもある猿楽狂言が毎年4月 13日の例祭に演じられるが,これは能狂言原形とみられており,1976年に「能郷の能・狂言」として重要無形民俗文化財に指定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のうごはくさん【能郷白山】
福井・岐阜両県境にある山。標高1617m。権現山ともいう。両白(りようはく)山地南部にあたる越美(えつみ)山地主峰で,濃尾平野からも遠望できる。山体の主部は花コウセン緑岩から成り,山頂部に準平原起源の平たん面を残す。付近山塊濃尾地震との関連で知られる根尾谷(ねおだに)断層をはじめ,多くの断層で分断されている。太平洋側と日本海側の分水界をなし,冬は多雪,夏も雨が多く,開析が進んで急傾斜地をつくる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

能郷白山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

能郷白山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation