@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脅威【キョウイ】

デジタル大辞泉

きょう‐い〔ケフヰ〕【脅威】
強い力や勢いでおびやかすこと。また、おびやかされて感じる恐ろしさ。「戦争の脅威にさらされる」「脅威を与える」「脅威を感じる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報セキュリティ用語辞典

脅威
リスクを発生させる要因のこと。

出典:教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
Copyright (c) ISEN. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうい【脅威 threat】
脅威にはおよそ心理学,生態学,国際関係の三つの側面がある。まず心理学的には,個人の心理的な安定や統合をおびやかすような人や物,あるいは状態が存在することをいう。たとえば,親の愛情を失う,もしくは失うのではないか,という子どもの不安や〈おびえ〉などは,威の一例である。脅威は外在的な事象から生まれることが多いが,〈現実〉の脅威と〈知覚された〉脅威とを区別して考えねばならない。現実に存在する脅威が,つねに正確に知覚されるとは限らないからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きょう‐い ケフヰ【脅威】
〘名〙 強い力や勢いによっておびやかすこと。また、おびやかされること。
※形(1919‐22頃か)〈菊池寛〉「かうして鎗中村の猩々緋と唐冠の兜は、戦場の華であり敵に対する脅威であり味方にとっては信頼の的であった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脅威」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脅威の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation