@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脇付【ワキヅケ】

デジタル大辞泉

わき‐づけ【脇付】
手紙の宛名の左下に書き添えて敬意を表す。「侍史」「玉案下」「机下」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わきづけ【脇付】
手紙などの書札様文書の宛名の左下に付ける語。宛名人に対して敬意を表すために用いる。書札は,古代中世の公式様文書,下文様文書とは異なり,差出人から宛名人に対してを表すことを基本とした文書であるから,みずからを謙遜し,相手を尊敬する表現をとる。そのため,差出書はみずからの実名を署するのに対し,宛名書は決して相手の実名を書かず,家名,字名(あざな)に官位およびこれに準ずる称号を付して表す。さらに敬称として,殿,館,,局,禅室,方丈,所等の建物,居室を表す語を付ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わきづけ【脇付】
手紙で、あて名の左下に書き添えて、敬意を表す語。侍史・机下・玉案下などの類。返書には貴酬・尊答などとも書く。脇書き。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わき‐づけ【脇付】
〘名〙 手紙で、あて名の左下に書き添えて敬意を表わす語。侍史・机下・御中・参人人御中・人人御中などの類。返書には、尊答・貴酬などと書く。また、その手紙が特別なものだと示すために「急用」などと書きそえる語。脇書。
※和簡礼経(1596‐1624頃)一「書留之詞 上所 充所 脇付次第軽重事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脇付」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脇付の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation