@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脇句【わきく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

脇句
わきく
連歌,俳諧の用語。連歌,俳諧において,巻頭発句に続く第2句をいう。句形は発句の5・7・5に対し,7・7。発句が客の役であるのに対し,句は古来亭主の役とされ,客に対する挨拶の心をもって,発句の言い残した言外余情を継ぐようにつける。とまりは韻字止めが普通。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わき‐く【脇句】
連歌・連句で、発句(ほっく)の次に七・七と付ける第2句。ふつう、発句と同季。脇。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わきく【脇句】
連歌・俳諧用語。連句の第二句である七七の14音節句。〈客発句・亭主脇〉といって,一座()の亭主が受け持ち,常連のみの集いでも客の挨拶に答える心でよむ。一句の作をこらすよりも付けることが大事で,発句(ほつく)の意を十分に忖度(そんたく)し,その状況をよくふまえて,それに逆らわず,寄り添い補うように付ける。和歌の下句を付ける要領だが,一句としても独立の判断を必ず示さねばならない点が異なる。当然ながら発句と同季,それも発句の季語が初・仲・の三月にわたる場合は,当季に従ってそのいずれかに定める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

わき‐く【脇句】
〘名〙 連歌・俳諧の付合(つけあい)で、発句の次につける七・七の句。発句の意をくんで付け、季節は発句と同じにする。脇。
※源平盛衰記(14C前)三七「いかに発句・脇句(ワキク)、いづれ増りとぞ仰ける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脇句」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脇句の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation