@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脇息【きょうそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

脇息
きょうそく
座右に置き肘をついて安するための調度。奈良時代には挟軾 (きょうしょく) といった。正倉院遺品があり,横長の小型ののような構造で,膝前に置いて両肘をつき寄りかかって休息した。平安時代以降は,膝横に置いて片肘をつくための天板光月型,上部綿を敷き,布を張ったものも生れた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐そく〔ケフ‐〕【脇息】
座ったわきに置いてひじをかけ、からだをもたせかける道具。ひじかけ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうそく【脇息】
座ったとき身体の前や脇に置き,ひじをのせて身をもたれさせる道具。《古事記》《日本書紀》には〈わきづき〉とか〈おしまづき〉として出てくる。奈良時代には挟軾(きようしよく)とよんでおり,脇息の呼称は平安時代からである。中国では凭几(ひようき)という。脇息には型,内湾型,箱型の3種がある。几型は凭板(もたれいた)がまっすぐでこの両端下に脚がつく。正倉院蔵の《紫檀木画挟軾》などがその例である。凭板が1m余もあり,身体の前方に置いて使う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

脇息
きょうそく

座具の一種。座ったとき、肘(ひじ)をかけ、もたれるための用具。奈良時代に挟軾(きょうしょく)といったことが『東大寺献物帳』に記載され、正倉院に伝来され、記紀に和豆岐紀(わきづき)、夾膝(おしまつき)とあり、平安中期に脇息というようになった。形式には長方形と湾曲したものとがある。前者の遺品としては正倉院と藤田美術館(大阪市)蔵の花蝶蒔絵(かちょうまきえ)挟軾(国宝)があり、『類聚雑要抄(るいじゅうぞうようしょう)』に図示され、宮廷調度として近世まで同形式が伝わる。後者のものに、石山寺(滋賀県大津市)や青竜寺(滋賀県)の木造維摩居士坐像(ゆいまこじざぞう)(重要文化財、平安時代)に用いたものや、教王護国寺(京都市)蔵の木目(もくめ)彫脇息(重要文化財、平安時代)や高山寺(京都市)蔵の脇息(鎌倉時代)などがあげられる。材質は木、竹、角、紫檀(したん)、沈香(じんこう)などを用い、加飾に蒔絵、螺鈿(らでん)を施している。用板に褥(しとね)を貼(は)ったものがあるが、近世の武家調度では、綿入れとなる。また、寄懸(よりかかり)といって箱形で、側面に引き出しを設け、甲板(こういた)を綿入れビロードで覆ったものもある。

[郷家忠臣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐そく ケフ‥【脇息】
〘名〙 すわった時にひじを掛け、からだをもたせかけて休息するために使う道具。おしまずき。ひじかけ。
※大安寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平二〇年(748)六月一六日「合脇息弐足 仏物」
※宇津保(970‐999頃)国譲上「太政大臣御けうそくにおしかかりおはしまして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脇息」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脇息の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation