@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脇本陣【わきほんじん】

世界大百科事典 第2版

わきほんじん【脇本陣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わきほんじん【脇本陣】
江戸時代、宿駅の本陣に次ぐ宿舎。本陣に空きのない場合の予備にあてられた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

脇本陣
わきほんじん
江戸時代、主として中期以降、本陣予備として街道に設けられた宿舎。本陣に空きのないとき代勤するが、平常は平旅籠(ひらはたご)として営業した。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わき‐ほんじん ‥ホンヂン【脇本陣】
〘名〙 江戸時代の宿駅で、本陣の予備にあたる宿舎。大名や幕府の重臣が本陣に泊まる時は、家老や奉行の止宿にあてられたが、平常は一般旅客の宿泊にも供された。
※俳諧・雑談集(1692)下「輪の多ければ砕けぬる米〈探泉〉 此宿(このしゅく)の脇本陣の花ざかり〈遠水〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

脇本陣
わきほんじん
江戸時代,宿駅における本陣の予備用の旅宿
大名行列の人数が多くて本陣に収容しきれない場合に使用された。宿場でも大きな宿屋があてられたが,なお足りない場合は,一般の旅籠 (はたご) も使用された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わき‐ほんじん〔‐ホンヂン〕【脇本陣】
江戸時代の宿駅で、本陣の予備にあてた宿舎。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脇本陣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脇本陣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation