@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脈動【ミャクドウ】

デジタル大辞泉

みゃく‐どう【脈動】
[名](スル)
脈が打つこと。
表面には現れないが、脈が打つように絶えず力強く動いていること。また、その動き。「脈動する新時代のメディア産業」
地震以外の原因による、地殻の微弱な周期的震動。周期2~8秒のものが多く、海の波浪低気圧寒冷前線通過などに伴って観測される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みゃくどう【脈動】
古くは脈拍の動き(拍動)のみをいったが,その後,拍のように周期的な動きに対して広く使われるようになった。科学・工学分野では以下のような意味をもつ。(1)天文学では,星の収縮膨張を脈動pulsationといい,脈動に伴い明るさの変わる星を脈動変光星(脈動星)と呼ぶ。(2)電気工学では,直流に交流成分が重なっているとき脈動しているといい,このような電流脈流ripple currentと呼ぶ。(3)地震学でいう脈動microseismsとは,地面常時微動のうち,周期がほぼ一定の比較的単純な波形の振動が,振幅の消長を繰り返しながら長時間続くものをいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

脈動
みゃくどう

地表の周期的な微振動。高感度の地震計で観測すると、地面はいつも揺れている。これは雑微動といわれる現象である。このなかには、交通機関や工場などの人工的な振動もあり、雨や風などの自然の現象もある。なかでも、長時間にわたって、周期2秒から8秒くらいで特別に波形がそろった振動が観測されることが多く、これは脈動といわれている。脈動は海の波の影響で海底でつくられて陸上まで伝わってくる振動で、感度が高い地震計で観測すると、内陸100キロメートル以上にまで伝わって観測される。つまり日本の陸上のどの地震観測点でも観測される。海が荒れたときには振幅は大きくなる。

[島村英紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みゃく‐どう【脈動】
〘名〙
① 脈が打つこと。心臓の規則的な動き。
※形影夜話(1810)上「痩人は三部の下臂内にても、其脈動皮裏に見ゆるものあり」
② 脈搏のように、周期的・継続的な力強い動きをすること。また、その動き。
※現代文明を評し、当来の新文明を卜す(1915)〈中沢臨川〉八「我等は我等の共通の母なる大地の胸に憩ひ、そこから我等に脈動するところの最も深く、最も聖き愛の囁きを聞かねばならぬ」
③ 人体に感じるほどではない地面の周期的振動。周期は数秒。海の波や、低気圧、寒冷前線の通過等に伴って起こる。
※国民新聞‐明治三六年(1903)一一月一二日「地面は人体に感ぜざる程の極く小さくして性質の急激なる微動と、稍緩慢なる振動を呈するあり〈略〉之を脈動と称す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脈動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脈動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation