@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脈翅目【みゃくしもく】

大辞林 第三版

みゃくしもく【脈翅目】
アミメカゲロウ目の旧称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みゃくし‐もく【脈翅目】
〘名〙 節足動物門昆虫綱の一目。前翅・後翅の大きさはほぼ等しく、両翅とも薄い膜状、翅脈は網目状に発達、口器は咀嚼型、腹部に尾状突起がない。完全変態をし、幼虫は水生・陸生のものがある。ウスバカゲロウ、クサカゲロウ、ヘビトンボなど。最近はアミメカゲロウ目と呼ばれる。日本には約一六〇種が知られる。〔日本昆虫学(1898)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脈翅目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脈翅目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation