@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脈翅類【みゃくしるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

脈翅類
みゃくしるい
Neuroptera
目 (アミメカゲロウ目) に属する昆虫総称で,完全変態を行う。成虫は陸生で,2対のには網のように分岐した縦と多数の横脈があるが,まれに後翅の退化したものもある。肉食で咀嚼型の口器をもち,大顎が発達する。複眼は大きく突出し,単眼は3個,または完全に欠如する。触角は糸状あるいは棍棒状であるが,櫛歯状やじゅず状のものもある。肢の 跗節は5節。前後の翅はほぼ同形同大または後翅が小さく,後翅には折りたたまれる臀垂はない。幼虫は陸生または水生。口器は特殊化し,大顎の下面に溝があり,それに小顎が重なって吸収管となり,これで捕えた獲物を刺し,その体液を吸収する。8本あるマルピーギ管のうち6本は肛門絹糸腺となり,蛹化の際絹糸を出してをつくる。ウスバカゲロウクサカゲロウなど世界で約 5000種が知られている。 (→昆虫類 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みゃくし‐るい【脈×翅類】
アミメカゲロウ目(脈翅目)の昆虫の総称。柔軟なかむ口をもち、触角は長く、翅(はね)は膜質で脈が多い。翅脈の端が細く分かれる扁翅(へんし)亜目クサカゲロウウスバカゲロウツノトンボ、翅が幅広広翅亜目ヘビトンボセンブリ、翅に縁紋のあるラクダムシ亜目に分かれる。完全変態。幼虫は水生または陸生で肉食性のものが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みゃくしるい【脈翅類 nerve‐winged insect】
昆虫綱の1目または1上目。この名称リンネが1758年に,一群の昆虫に対して多数の翅脈をもつという意味の脈翅目Neuropteraを設定したのに始まる。その後,系統の研究の進歩によってカゲロウ類,トンボ類,カワゲラ類,シリアゲムシ類,トビケラ類などは脈翅目から除外され,それぞれ独立した別の目として扱われるようになった。こうして脈翅目はリンネの使った意味で用いられなくなり,現在では完全変態類に属し,成虫では一般に以下のような特徴をもつグループをいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

脈翅類
みゃくしるい
完全変態をする昆虫のなかで比較的原始的な一群Neuropteraをいう。これにはヘビトンボとセンブリの属する広翅(こうし)類、ラクダムシ類、扁翅(へんし)類の三群が含まれるが、狭い意味では第三の扁翅類のことをさすことがある。この類の成虫は陸生であるが、幼虫も広翅類と一部の扁翅類が水生で腹節の両側に気管鰓(さい)をもつのを除けば、陸生であって、獲物に鋭い大あごを突き刺し体液を吸う。成虫のはねは脈がかなり多くて横脈で多少とも網状にくぎられ、脈には多くは毛がある。触角は糸状が多いが、櫛(くし)状や数珠(じゅず)状のこともあり、先がすこし膨れたツノトンボ類のようなものもある。目はかなり大きく、クサカゲロウなど一部の種では単眼3個を備える。脚(あし)は細く、(ふせつ)は五節。幼虫は頭が大きいことが多く、よく動き、大あごと小あごは長くて突出し、大あごの内側に沿う溝に小あごが密着し、吸管の役目を果たす。三齢を経て蛹(さなぎ)になるのが普通で、蛹化(ようか)前に尾端から糸を出して卵形ないし紡錘形の繭をつくる。糸はマルピーギ管末端から出されるといわれる。蛹は裸蛹で運動可能であり、羽化前に繭から脱出するものもある。
 世界におよそ1万種が知られるが、初めの二類は少数で、扁翅類が大部分を占め、コナカゲロウ、カマキリモドキ、ヒメカゲロウ(クサカゲロウを含む)、ウスバカゲロウ(ツノトンボを含む)の四類に大別される。このうちウスバカゲロウの幼虫はアリジゴクとして知られ、寄生性のカマキリモドキは過変態をすることが知られている。[中根猛彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脈翅類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脈翅類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation