@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脊椎すべり症【せきついすべりしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

脊椎すべり症
せきついすべりしょう
spondylolisthesis
脊椎の椎体下位の椎体上を前方にすべるようにずれる状態をいう。大部分脊椎分離症によるが,椎間板椎間関節などの変性が強いために起るものもある。第5腰椎に好発する。症状腰痛,下肢痛のほか,しばしば間欠性跛行があり,労働によって悪化する。軽症は安静と軟性コルセット装着で治療できるが,症状が強い場合や重労働をする人には手術が必要となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

脊椎すべり症
せきついすべりしょう

脊椎分離を前提としておこる疾患で、脊椎分離すべり症ともいう。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脊椎すべり症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脊椎すべり症の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation