@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脊椎カリエス(結核性脊椎炎)【せきついかりえすけっかくせいせきついえん】

家庭医学館

せきついかりえすけっかくせいせきついえん【脊椎カリエス(結核性脊椎炎) Tuberculous Spondylitis】
[どんな病気か]
 脊椎に結核菌が感染することによっておこる脊椎炎です。
 最近は、結核性脊椎炎と呼ばれ、骨の関節の結核では、もっとも多くみられるものです。
 たいていの場合、肺など、他の臓器にある結核病巣から、結核菌が血液に流れ込んで、脊椎に感染がおよんだものです。
 しかし、感染源がはっきりわからない場合もあります。
[症状]
 この病気は、胸椎(きょうつい)や腰椎(ようつい)に多くみられます。
 結核そのものによる貧血、疲れやすい、だるいといった全身症状がおこります。そのほかに、感染した部分を押したり、たたいたりすると痛みます(圧痛、叩打痛(こうだつう))。
 また、脊椎の周囲の筋肉がかたくなって、脊椎の運動が十分にできなくなります。
 病気が進行すると、感染した部分だけが突出して、角状後弯(つのじょうこうわん)(亀背(きはい))になります。
 (うみ)が、脊椎の周囲だけでなく、筋肉に沿って流れ、背中や鼠径部(そけいぶ)(太もものつけ根)などに膿瘍(のうよう)や瘻孔(ろうこう)を形成することもあります。
 また、脊髄神経(せきずいしんけい)が入っている脊柱管(せきちゅうかん)に膿がたまり、その膿によって下肢(かし)にまひがおこることもあります。
 ツベルクリン反応は、陽性になります。X線検査では、椎間板(ついかんばん)が狭くなって、椎体(ついたい)が破壊されているのが見られます。
[治療]
 保存的治療が基本となります。ギプスベッドやコルセットなどを用いて局所の安静を保ちます。それと同時に、栄養の補給を行ないながら、抗結核薬による薬物療法を行ないます。
 下肢にまひがおこった場合は、できるだけ早く手術を行なったほうがよいでしょう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

脊椎カリエス(結核性脊椎炎)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脊椎カリエス(結核性脊椎炎)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation