@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【スネ】

デジタル大辞泉

すね【×脛/×臑】
膝(ひざ)からくるぶしまでの間の部分。はぎ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はぎ【×脛】
足の、(ひざ)から(くるぶし)までの部分。すね

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はぎ【脛】
〘名〙
① 足の膝から下、踝(くるぶし)から上の部分の称。すね。
※正倉院文書‐天平一二年(740)越前国江沼郡山背郷計帳「男江沼臣族真橋、年拾玖、中男 右足波岐疵」
※徒然草(1331頃)八「久米の仙人の、物あらふ女のはぎの白きを見て、通を失ひけんは」
② ①に似た、鳥獣の脚部をいう。
※古今著聞集(1254)二〇「石見守宗季、唐の鷹をまうけたりける。はぎたかくて尾みじかくして、よのつねのにも似ざりけり」
[補注]上代から膝と足首の間の名称として用いられてきたが、中世には文語性が強くなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation