@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脱水反応【だっすいはんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

脱水反応
だっすいはんのう
dehydration
有機化合物の分子内,もしくは分子間で水分子を脱離する反応の総称。分子内脱水の例としては,アルコールからオレフィンオキシ酸からラクトンを生成する反応などがある。分子間脱水の例としては,アルコールと酸からエステル,酸2分子から酸無水物を生成する反応など数多くある。生化学的にはデヒドラーゼによる分子内脱水反応が知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だっすいはんのう【脱水反応】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

脱水反応
だっすいはんのう
dehydration reaction
脱離反応の一種であり、水が脱離する反応をいう。1分子の有機化合物の分子内で1分子(または2分子以上)の水がとれる反応、および有機化合物2分子から水が脱離して縮合する反応の総称。
 たとえばエタノール(エチルアルコール)の分子内脱水反応では、水が1分子的に脱離してエチレンが生成し(図Aの(1))、2分子間の脱水反応ではジエチルエーテルが生成する(図Aの(2))。硫酸を触媒として加えてエタノールを加熱すると、140℃ではジエチルエーテルができるが、もっと温度を上げて165℃以上にするとエチレンが生成する。
 このほかに、カルボン酸アミドからニトリルを生成する反応、カルボン酸とアルコールからエステルを生成する反応(エステル化)、カルボン酸から酸無水物を生成する反応、アルデヒドやケトンとヒドロキシルアミンからオキシムを生成する反応など、多くの反応が知られている(図B)。2分子間の脱水で新しい一つの分子を生ずる反応は脱水縮合反応とよばれる。
 脱水反応は単に加熱するだけで進行する場合もあるが、脱水を促進するために水に対する親和性の大きい硫酸、五酸化リン、無水酢酸などの試薬を加えて行う場合が多い。これらの試薬を脱水剤という。[廣田 穰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脱水反応」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脱水反応の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation