@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脱藩【ダッパン】

デジタル大辞泉

だっ‐ぱん【脱藩】
[名](スル)江戸時代、武士が藩籍を抜けて浪人になること。
「庄内自余の―士等に漸次(しだい)に領内へ斫(き)り込まれ」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だっぱん【脱藩】
スル
藩籍を脱すること。江戸時代、武士が藩をぬけ出して浪人となること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

脱藩
だっぱん
江戸時代、武士が自分のを離脱し、藩籍を放棄した行為をいう。とくに幕末に顕著となる現象である。1853年(嘉永6)のペリー来航によって始まる国外からの圧迫は、藩を国家として意識していた封建武士層の一部に、日本を国家とする意識を芽生えさせた。それはやがて尊王、攘夷(じょうい)、倒幕の思想へと発展するが、その実現のために奔走する者は、自ら藩籍を放棄するに至ったのである。幕末の脱藩は大きく二つの類型、すなわち〔1〕藩国肯定派、〔2〕藩国否定派に分けることができる。〔1〕の藩国肯定派は、行動のうえでは脱藩していても、理念的には藩という封建的要素を拒否し尽くすことなく、藩外にあって側面から藩を勤王に志向(挙藩勤王)させるよう働きかけた者たちである。たとえば、初期の吉田松陰(しょういん)、武市瑞山(たけちずいざん)、坂本龍馬(りょうま)、小河一敏(おがわかずとし)、武田耕雲斎(こううんさい)らがある。〔2〕の藩国否定派は、道徳的観念的な国体論による「大義」のためには、藩国をも拒否して、草莽(そうもう)志士の糾合を企てた者たちである。晩年の吉田松陰、久坂玄瑞(くさかげんずい)、真木和泉守(まきいずみのかみ)、平野国臣(くにおみ)、藤田小四郎(こしろう)らがある。歴史的には〔1〕から〔2〕への流れをみることができる。[上田 穣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だっ‐ぱん【脱藩】
〘名〙 江戸時代、武士が藩籍を捨てて浪人となること。また、その人。〔日誌字解(1869)〕
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「我が輩は水府の脱藩(ダッパン)にて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脱藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脱藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation