@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脱酸剤【だっさんざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

脱酸剤
だっさんざい
deoxidizing flux
溶融金属 (溶湯) に添加して酸素を除去する造滓溶剤。溶湯には多くの気体元素が溶け込むが,なかでも酸素は金属酸化物となって凝固後まで残り,金属の性質を悪くする原因となることが多い。それで脱酸剤としては,溶湯金属より酸素に対する親和力が強く優先的に酸化物をつくり,それが軽くて溶湯面に滓化して浮くものが選ばれる。鉄鋼溶錬ではフェロマンガンフェロシリコンなどの合金鉄や金属アルミニウムカルシウムシリコン合金などが用いられ,銅ではリン銅,ベリリウムリチウムケイ素,カルシウム剤,および造滓脱酸剤ではないが木炭末が用いられる。その他すべての金属を通じ,一酸化炭素,水素などは脱酸剤とはいわないまでも,それによる還元は脱酸処理であるし,真空溶解はさらに徹底した脱ガス処理である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だっさん‐ざい【脱酸剤】
〘名〙 金属を脱酸するときに用いられる物質。鉄鋼ではフェロアロイ、アルミニウムなどが用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脱酸剤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脱酸剤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation