@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脳内出血【のうないしゅっけつ】

世界大百科事典 第2版

のうないしゅっけつ【脳内出血 intracerebral hemorrhage】
脳内における出血をいい,一般に脳出血とか脳溢血(のういつけつ)といわれるものがこれにあたる。最も多いものは高血圧性脳内出血である。そのほかにも種々の原因で起こりうるが,頻度は低い。突然,頭痛吐き気嘔吐などで始まり,意識障害をきたし失禁痙攣けいれん)などを伴うことが多い。部位的にみると大脳半球の基底核部,とくに被殻の出血(外側型)が最も多い。病変と反対側の半身麻痺と知覚障害がみられ,共同偏視(左右眼球が病変側へ向く),失語などをみることもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

のうない‐しゅっけつ ナウナイ‥【脳内出血】
〘名〙 脳の内部に起こった出血。脳出血。脳卒中。
※瀕死の青春(1957)〈井上友一郎〉五「どうやら脳内出血の疑いがあるというので」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脳内出血」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脳内出血の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation