@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

脾性貧血【ひせいひんけつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

脾性貧血
ひせいひんけつ
splenic anemia
バンチ症候群ともいう。 1882年に G.バンチが,初期に貧血白血球減少出血を伴う脾腫があり,中間期に肝腫大,最終期に肝萎縮と腹水がたまる疾患を報告した。その原因は脾臓にあるとしたため,バンチ症候群または脾性貧血と呼ばれるようになった。しかしその後の研究によって,この変化は門脈高血圧 (→門脈圧亢進症 ) があるために起ることが判明した。したがって,アメリカ・イギリス派の学者を中心に慢性うっ血性脾腫とも呼ばれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脾性貧血」の用語解説はコトバンクが提供しています。

脾性貧血の関連情報

関連キーワード

ボアソナード早稲田大学スティーブンソンマーク・トウェーンワーグナージーモンディルクセンハルゼーフォンタネージプルーイン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation