@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

腎管【じんかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

腎管
じんかん
nephridium
褐色管,消化腎管ともいう。真体腔をもつ環形動物,節足動物,軟体動物,触手動物,毛顎動物,棘皮動物,原索動物脊椎動物において真体腔形成に伴って発達した排出器官をいう。体腔に直接開く腎口から複雑に屈曲した細管,そして体壁にある外腎門が外界に開く末端までをいうが,動物の種類により末端が膀胱に開くもの,肛門腺 (複腎管) と呼ばれる1対が直腸に開くものがある。一般に体腔壁の生殖腺中で成熟した卵や精子を運ぶ生殖輸管の機能をももつ。腎管の変形として小腎管 (複腎管) があるので普通の腎管を大腎管とも呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じん‐かん〔‐クワン〕【腎管】
無脊椎動物にみられる排出器官。体腔中にらっぱ状に開く腎口、排出物濃縮・移送する細管部、体外に開く排出口からなる。環形動物では体節ごとに一対ずつあり、体節器ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じんかん【腎管】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

腎管
じんかん

一般には環形動物など真体腔(たいこう)をもつ無脊椎(むせきつい)動物の排出器官をいう。腎管は体節ごとに1対あるので体節器ともよばれるが、動物の種類によっては体節数よりも少ない場合がある。腎管は屈曲した細管で、内壁に繊毛がある。体腔に開く一端は腎口とよばれ、らっぱ状に広がって繊毛が密生している。細管の後半は体節の隔壁を貫通して次の体節に達し、末端は体壁の小孔すなわち外腎門として外界に開く。体腔内に生じた排出物は腎管の繊毛運動によって体外へ送り出される。さらに腎管は生殖輸管を兼ねている。繁殖期には、生殖腺(せん)中で成熟した卵や精子が体腔内で遊離してくる。腎管はこれらを繊毛運動によって体外へ放出する。なお、脊椎動物のいろいろな腎がもつ管を総称して腎管とよぶこともある。

[片島 亮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じん‐かん ‥クヮン【腎管】
〘名〙 真体腔(しんたいこう)をもつ無脊椎動物の排出器官。体腔に集まった排泄物は腎口から管中に流れ込み、屈曲した細い管を通って体壁の腎門から体外へ排出される。環形動物にその典型がみられ、体節ごとに一対ずつあるので体節器とも呼ばれる。後腎管。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腎管」の用語解説はコトバンクが提供しています。

腎管の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation